netXDCの特徴

三田センター

優れた立地環境と、国内屈指の堅牢性を誇り、
有人による24時間365日の運用管理が支える
関西圏の郊外型データセンター
netXDC三田センター

三田センター

三田センターは、活断層もなく津波の心配もない神戸層群を支持層とした丘陵地に立地する、国内有数の施設です。
関西圏のお客様のご利用は勿論のこと、関東圏のお客様にもディザスターリカバリーセンターとしてご利用いただいております。

また有人による24時間365日の運用管理を実施しております。

堅牢・大規模センター

FISC基準

三田センターは、FISC(*)基準をも満たす国内有数の施設で、6,000㎡超の大規模センターです。

*FISC:金融情報システムセンター
(The Center for Financial Industry Information Systems)

ビル耐震性

耐震設計(建物)

建家は、耐震構造で耐震強度をあらわす指数が全てのフロアの全ての方向で1.1以上となっています。

2次元免震構造(床構造)

機器設置の免震床は、理論上入力加速度980Gal(ガル)を200Gal以下に抑える性能を有します。この能力は地震の種類(縦揺れ/横揺れ)により一概にはいえませんが、凡そ震度を3程度減衰させる能力です。なお、設計時は入力か速度350Galで計算を行なっています。

免震床構造

アメニティ(付帯設備)

アメニティ(付帯設備)も充実しており、不測の事態には、簡易オフィススペースとして、お使いになることもご検討いただけます。

駐車場各種会議室仮眠室
このページのトップへ