netXDCの特徴

東京第2センター

高付加価値サービスと信頼性・安定性の根幹を支える、
netXDC東京第2センター

東京第二センター

netXDC東京第2センターは、netXDCの司令塔として機能し、お客様の様々なクリティカルなミッションに対応します。

netXDC東京第2センターの設備

東京第センターのセキュリティ

データセンターの根幹を支える「netXCC2」

システムの監視・運用を行う「コントロールセンター」とお客様の窓口となる「コンタクトセンター」を融合した「netXCC2」によって、お客様からの問い合わせや各種通知といった連絡業務を、素早く効率的に対応します。この新しい情報システム・マネジメントの中核をなすのがSCSK独自開発の標準化された運用サービスと統合監視&ナレッジマネジメントシステム「FusionCORE」です。

仕様

  • 構造:鉄筋鉄骨コンクリート(地上8階、地下2階)
  • 地震対策:耐震ビル構造
  • 給電方式:高圧2回線受電化(本線・予備線方式)
  • 駆動/機関方式:ガスタービンエンジン駆動発電機
  • 火災報知システム:超高感度煙感知機、火災報知機
  • 空調/冷房施設:空冷方式
  • セキュリティ:ICカード、暗証番号、手の甲静脈認証、監視カメラ等
  • 活断層:最寄活断層(荒川活断層)より35km
このページのトップへ